2015.01.21 Wednesday 11:19

年齢とか病気は理由にしたくない。

私は、同じ空気を感じる人は自分ちに招く
その人の家にも遊びに行くらしい。
仕事で行った対馬で出会ったOさんとは
その晩、しゃべり明かした。
肩書はぬいぐるみ作家・・・彼女が作る動物たちは
ぬいぐるみというより作品。

毛皮の色、タッチまでこだわって作り上げる
だから大変な作業である。そんな「やまね工房」を熱海に構えている。
出会ってから10年以上たって、再び会った時も
昨日、会ったような自然体で話せる。
まるで森の中で暮らしているような、ゆるゆるとして自然な生き方
をしているようにしか見えない。
でも実際は、工房で作品に取り組み、展示場を駆け巡っている。

去年、突然の手紙で、彼女が倒れたことを知った。
身体の自由がきかないことも知った。
震える手で書いた文字に私は震えた。

今年、来た手紙の文字は、やや揺れ動いていたけど
大丈夫!読めるじゃない!

「幸せ」は物質ではない
そしてそれは感性で感じることで、「今」という瞬間なのだろうと思います。

その言葉に感動します。あなたは今、再生途上らしいけど
そこに春が見えているんだね。

私も病気を理由にしたくない、年齢なんか関係ない。
気持ちだよね、前を向いて歩くという気持ち。

このぬいぐるみは、彼女の作品です。我が家の猫たちを
見て作ってくれました。いつも私の 仕事場のソファーで
いつも一緒だ。頑張ろうね、お互いに。


2014.12.20 Saturday 14:54

どれだけ痛みに強いわけ?


思うに、夏の前かな、いやもっと前かも・・・
左腕がどんどん痛くなって、使えば激痛がくる。
でも、たぶん、これって50肩よね?と素人判断
(60代でも50肩なのだ)
放置すること数か月・・・・痛みはどんどん
加速して、熱もあるし。
耐えられなくなって主治医に「先生!腕が痛すぎる」と訴え。
で、MRIを撮ってもらった。結果がこれ
診断
痛いはずよね?断裂して間が2センチもあると言われた。

こんな体でウオークラリーで猛烈に動き回り
東京へ行きました。

いま左腕腫れてます、筋肉が炎症をおこして熱あるし
どこまで我慢するのか私。でも今、1週間に1度、1時間
筋肉をやわらかくするリラックスリハビリを受けている。
さっさと手術すると
3週間は左腕固定する。

ものすごく不便。足だけど前もやったし・・・
そんなこんなで、このまま年を越すのだ。
来年、考えよ。


 

2014.08.09 Saturday 15:07

BKシスターズなのか・・・?

電話交換

3年前、手術してから体力がガクンとおちた。もともと身体が
丈夫でないうえに副作用や疲労で何度も寝込んだ。
「だからやめなさい!本当に死ぬよ」
そういわれたら立ち上がってしまう。
人の言うことを全く聞かない。全く、可愛気がないのだ。
その私をずっと陰でサポートしてくれていた
片腕ともいうべきメンバーが突然、倒れた。
長期入院している。
マネージャ〜みたいに指図してもらい
自由に動けたのに、頭が真っ白、途方にくれる。
「まだ間に合うからやめなさい!」
そう言われると、また立ち上がる。
そういえば、入院中の彼女も私と同じで
病気がちで可愛げのない、まさにBKシスターズなのだ。
残ったメンバーもさすがに、今度はダメかなと思っていたに違いない
でも、なんとか開催する目途がつきました。
やるしかない!と思っているメンバーが
とてもありがたいと思える。
当日は、着物をきて皆さんをお迎えします。
長崎ウーマンズ・ウオークラリーは
今年は、「男子禁制 うふふ」で28年年目!
そしてラスト3回です!


 


2014.07.21 Monday 14:24

プレゼンて?どうお?

プレゼンて何度やっても、緊張するかもしれない!
と思って緊張する?イザとなれば平気なんだけど。
ただメンバーに「絶対、取ります!」と
いつも豪語するものだから、もし?の筋書きが私には用意して
いない。
言い出したのは私だから、
取れなかったらどうするのと自分には言えない。
すごい強気だと思われるけど、
これでやるって決めたんだから、やるのよ私。
本当は、見切り発車もいいとこ。
なんて危ない橋を渡っているのだろ。
メンバーには、いちおう心の中で、ハラハラさせて悪いなって。

これが通らないと本当に困るのよね・・・と
現実味を帯びてプレゼンをしていると
ギアが突然、入るらしく徐々に勝手に熱くなる。
原稿など用意していても、ほとんど見ていない
というか見ない。会場の雰囲気を見てる時に、
急に順番を変えてみたり、方向を変えてみたくなるから。
本当は、原稿を読んでいけばラクなのでしょうけど
やっぱり出来ない。だからいちばん苦手なのは
しゃべりすぎて時間オーバーすること。
そばにいるメンバーは、これをいちばん心配するらしい。
今回、トイレ会議のためにプレゼンをして
「まちかどトイレタイムス」プロジェクトが採択されました。
さあ、メンバーのみなさん、気張って、トイレで読みたくなる?
「トイレタイムス」を発行しましょう。

(写真は、市民ボランティア活動表彰の時のプレゼンです)

 

2014.07.15 Tuesday 17:12

自由に生きてきたと思う。

私の生き方、考え方を変えた “なぜ年齢を聞くの?”
 
30才の時、広告代理店を辞めてフリーランスに。キャリアウーマンなんて言葉もない(30年以上も前)キャリアは7年、大して実力もない。あるのは、まだ若い!という自分勝手な勢い。当時はコピーライターという職業さえ理解されない。名刺を出すと「ほお、大変なお仕事ですねえ。新しい機械が次々出て」私はコピー機じゃない・・。原稿にお金が発生するという意識がない。仕事がない、食べられるわけもない。それでも事務所は構えた。「兎に角、原稿を書かせて下さい」頭を下げて回って3年、作品が少し認められ始め、同時に長崎のコピーライターとしてマスコミに注目される。名前だけが急速に売れて、仕事は増える。しかしアイデアは湯水のように浮かぶわけがない。フリーランスは、ひとりの気楽さはある。しかし出来ませんでしたとは絶対に言えない。断られたら、もう次はない。厳しさも半端ないということを思い知らされた時期、締め切りに絶えず追いかけられ、夢の中でもコピーを考えていた。
仕事が安定し始めた頃、大きなスランプ。アイデア浮かばない、書けない。ある日、出会った本「土屋耕一(コピーライターの元祖的存在)全仕事」その作品の中に、某有名デパートのテーマ“なぜ年齢を聞くの?”装いとか暮らしにしても、年齢というハカリ、年齢の枠で見たがる人に抗議したいな。そんな想いを伝えるコピー
思わず「本当にそうだよね!」と同感、感動。実は40近くまで独身の私に「どうして結婚しないと?」、「仕事に夢中で暇がない」と反論しても虚しい気分。“なぜ年齢を聞くの”は、堂々と仕事で生きる私の支えにもなった。
28年前、市立図書館で「大浦お慶」さんに出会ったことで、彼女に違う生き方を教えてもらった。「長崎ウーマンズ・ウオークラリー」を企画した時に「女性のまちあるきにトイレは必須よね」とトレイ文化活動」に取り組んだ。どちらも同じ年数を続けている。やっぱり自由というか、我儘なんだと思う。
こんなことを先日、フリーペーパーに書いた。
もう、そろそろ長崎で出回ると思う。

 

 

2014.05.20 Tuesday 17:10

FROZEN!!

みんながとっくに見に行ったと聞かされて、
ようやく「アナと雪の女王」を鑑賞。
ちなみに原題は「FROZEN」このタイトルだけじゃ
こんなに話題にならないよね?
鑑賞という文字を使いたくなるほど、
想像を超える美しい映像だった。
特に髪の毛の1本、1本が美しい!
ドレスのデザインや、飾りがそれはそれはラブリー
色づかいも、なんと綺麗なんだろう。
ふと昔のことを思い出した。
小学校の6年?のころ、母が「眠れる森の美女」を
見に連れて行ってくれた。その映像のあまりの美しさに
感動して、まったく言葉が出なかった。
今度も同じだ・・・
言葉を職業にしているのに、言葉で表現できん。
まあ、いいか。
仕事で頭も心もいっぱいの時だから
ちょっと自分にご褒美。
これで明日からも原稿に向かえる。トイレの暖簾どこへ行っても
トイレが気になる。この暖簾、欲しいなあ。難を言えば、文字がきれちゃうことね。



 


2014.03.31 Monday 17:21

この道、40年!の4人旅

4人揃って旅に出たのはたぶん、初めてだろうと思う。
そんなことさえ忘れてしまうほどの長い月日
アメリカ、神戸、博多、長崎
住むところも別々、性格も、全く違う4人で
よくここまでやってきたね。
同じなのは、4人とも手術を経験したことかな。出雲大社
みんな結婚したけど、
ひとりは離婚、私だけが子供がいない。

40年の親友といえば、うちのおっさんとの結婚生活よりも長いのだ。
50代までは、それほどひんぱんに会うこともなかったけど
それでも絶えず、誰かが、必ず4本の糸を
手繰り寄せていたと思う。

なにわ一水

50歳を過ぎたころから、急に心配になって近寄り始めたかな。

いつからだろうSKYPEで毎日、話すようになったのは。

便利だもんね。毎日、会っている気がするからね。

4年前、ひとりがレベル4のがんになり

私も2年前、がんになった。

だからかな、行けるときに行こうよ!

それがきっかけ。

アメリカから帰りにスケジュールを合わせて

たった2日間だったけど最高の日々だった。

また来年も絶対に行こうね。

夕食

足立美術館



 


2013.11.19 Tuesday 16:58

雨の長崎ウーマンズ・ウオークラリーその2

初めて知ったけど、スタート&ゴールの水辺の森公園は、 ある程度暗くなると(雨でも)自動的に 明りがつきます。普通かな? 参加者の方々を見送って、しばしほっとした 頃に、突然、雨が激しくなりました。 なんとか小ぶりになってほしいと はじめての照る照る坊主を作りました。 MCno 来年はまた「男子禁制」いちおう30回を目指しているので、あと3回ですね。 今年は、いろんな意味で記念すべき 最後の「男子解禁」になりました。 男子解禁にしてもやっぱり、女性の参加者が圧倒的に 多いです(*^_^*) こんな悪天候でも、笑顔で完歩してくださる 参加者の方々へスタッフ一同 こころからお礼を申し上げます。 本当にありがとうございました。 そしてまた来年、ぜひお会いできますように。

2013.11.19 Tuesday 16:41

雨のちどしゃぶりの「男子解禁」長崎ウーマンズ・ウオークラリー

田上市長のあいさつ今年で27年目、しかも最後の「男子解禁」の長崎ウーマンズ・ウオークラリー 市長も歩くっていうことで、みんな張り切って迎えたのに なのに無情にも朝から雨・・・・スタート前の フィットネスの時だけ、ちょっと小ぶり。 市長もよく見れば足元はスニーカー!(ちゃんと準備万端) スタート前運動 市長と歩く 途中でどしゃぶりにかわり、そのまま イベントが終わるまで、ずっとしとしと。 びしょぬれの参加者がゴールされた時には おもわずスタッフは、拍手。 ありがたいなあ・・・と思いつつ さぞや歩きずらかったのではと心配しました。 各チェックポイントも、場所によっては足元に 川のように流れてきたり・・・・ 小さなテント設置だったところは、スタッフが 「パンツまでびしょぬれ・・」だったそうで 本当にかわいそうだった。 チェックポイントで

2013.10.07 Monday 16:48

庭見せの宵に思う・・・

 今日から長崎は「おくんち」一色に染まる。
その「おくんち」の衣装など見せる「庭見せ」の夜。

本当にどこからこんなに人がやってくるのか。
繁華街も、各町内も、ひとだらけ。

行列もできている。
観光名所でも有名な「丸山公園」も
出し物が美しく飾られ、見事な船も鎮座している。
普段は、あまりいないはずの公園も
ひとだかり、当然、トイレも行列が・・・

丸山公園の公衆トイレは、和風づくりで
相当古くても夜目には、あまり分からない(;一_一)

観光地なのに、女子トイレは和が、ひとつしかない。
その日、行列に並ぼうとした時には、その強烈な臭いが
外までながれている。

思わずハンカチで鼻を押さえた。
男子トイレの入り口に立つ、若い男子性が
悪臭にむせこんでいる。

ようやく順番がきたトイレには
トイレットペーパーがなかった。
並んでいる方たちとポケットティッシュを
わけあって用を足したが、ポケットティッシュは
流せないから汚物入れに。

今日は、長崎伝統の「庭見せ」の日だ
たくさんの人が使う、と思ってせめて
メンテナンスをいつもより一生けん命やってほしい。
せめてトイレレットパーパーの補充とか
チェックしにきてもらいたいと
思うのは、贅沢なのだろうか?



<<new | 1 / 8pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.