2011.10.09 Sunday 12:41

“本人だけが普通だと思っているマイスタイル

 

2011/10/09 

今年の春、母が救急車で運ばれた日から、私の時間は止まった。

日に日に、表情が険しくなっていく母の顔を見るたびに泣いた。

時々、ひとりで通う日は、運転しながら行き帰りに泣いた。

泣いたからといってどうにもならない。

何かにすがるような気持ちで5月、野菜を植えた。

キュウリ2本 あっという間に枯れる。

茄子2本  また枯れた。懲りずに植えたインゲン、

枝豆、どれも何故か枯れた。

7月の終わり、母は旅立った。

あのときの手の感触と足先の冷たさが未だに忘れられない。

夏を感じる暇もなく秋がやってきた。

最後に植えたオクラが実を結ぶ。うれしい。

黄色い花を初めて見たけど、

食用にはならなかった。かたくて食べられない・・・。

結局、野菜はみんな全滅ってことね。

でも今じゃ、観賞用。オクラってそれなりに美しいと思う。

納骨を無事に済ませ、私の時間がゆるゆると動き出した。

去年の倍以上の花をつけた「フジバカマ」がいま満開・・・




オクラの花、なんだか月見草に似ているね。





伸びすぎたのがいけなかったのだと思う。

でもそれなりに美しいではないかと思っている。




今年はやけに倍増豊作?フジバカマ。



パンパスグラスの穂。3年目にしてようやく!!

Comment:
2011/10/12 11:52 AM, mijoka_neko wrote:
はじめまして。

母を送って10年経ちますが、私もあの足の冷たさを覚えています。
自分のソックスを脱いで母にはかせた思い出もよみがえってきました。

先日、前のサイトに遊びに行きましたが、引っ越しされていたのでがっかりしていたところ、
こちらがオープンしたことを知りました。

時々寄らせていただきますね。
Add a comment:









Trackback:
http://blog.chotto-good.jp/trackback/2
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.