2012.06.20 Wednesday 16:29

幸田シャーミンさんとの出会い。

30代後半、コピーライターとしてのキャリアの前に、
その存在自体が話題になって、テレビと新聞に
顔が出て、私の名前だけが先行していたと
思う。でも、そのおかげで
長崎市の市制100周年記念行事に関わり
彼女に出会うことが出来たのだから。
当時「スーパータイム」という夕方のニュース番組に
バイリンガルの見本のような
キャリアレディ「幸田シャーミン」さんがスーパースターのように登場。
話題の的だった。その後、彼女は急に番組を降板。
逆に、その時期だったから長崎市に来てもらえたのかも。
わずか3日間だったが、一緒に仕事をさせてもらった。
記念講演のコーディネーターとして、打ち合わせをしながら
プライベートな話も聞かせてもらった(私の宝物です)
話題の番組をやめた理由とかも(内緒ね)
再びテレビに出演されるのかと聞くと
「カラーに昔からとても興味をもっているので、
ボストン大学に戻ってカラーコーディネイトに
ついて学ぶつもりよ・・・・」半人前の私から見れば
超エリート、いやスーパーレディの代表なのに、
まだ勉強することがあるのかしら?と単純に思った。
今、思えば彼女のファッションスタイルは、本当にシンプル
でもちゃんと計算されていたと思う。
生き方も考え方も、本当おしゃれだった。


Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.chotto-good.jp/trackback/33
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.