2012.08.06 Monday 16:27

今では貴重な存在!長屋のトイレ

 

50年の時を一緒に過ごしてきた「10軒長屋のトイレ」

(長崎市松ヶ枝町227

 

表の道路からは想像も出来ない静かな空間があった。まるで肩を寄せ合うように、ぴったりと立ち並ぶ昔ながらの10軒長屋。築50年余年、かなり老朽化しているが、何故かとても和やかな時が流れている。その長屋に住む方たちと長い間、共に過ごしてきた「長屋のトイレ」。昔は、もちろんは外付け?が当たり前。まさに「便所」と呼ぶにふさわしい昔ながらの風情で、しかも長屋の端と真ん中の2ヵ所(和3×2ヵ所)に、そのまま残っている。扉の名前札は住人専用、つまりマイトイレの意味。故にトイレットペーパーも持参!中には、自分用の取っ手を付けている方もいる。たいていのトイレには入れるが、今回はいちばん苦手なクモの巣と蚊のために、
使えなかった(残念無念)
昔ながらの長屋

マイトイレの工夫


Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.chotto-good.jp/trackback/37
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.